田舎者のチャレンジ日記 ❦ 賃貸物件オーナー必見 ちょこっとインテリア♪ Small cool wooden interiors for a flat.

みなさんこんにちわ

AXCIS(アクシス)さん知っていますか?岡山県に本社があるホームインテリアメーカーさんです

私個人的に好きなんです。アンティーク調の照明器具、無垢の木を贅沢に使ったコンセントプレートやウォールフック(壁付け収納)、家具のお取り扱いもあるようですね。

Takayuki(タカユキ)の賃貸物件のリノベーションでテーマにしている、素材は本物を使う=無垢の木に適合していて、尚且つリーズナブル。賃貸オーナー様に優しい(価格的に)提案ができる商材を扱っている数少ないメーカーさんなんです。

Hello all, it is a introduction of one of may favorite interior manufacturer named ”Axcis” from that we can buy cute home-interiors made of solid wood, for example wooden shelves, hooks, and cool antique lighting fixtures as well.  

こちらはアッシュ(木材)で作られた壁付けコートフック。ナチュラルで温かい雰囲気で、玄関周りをほっとした感じにしてくれます。

It is a coat-hunger made of real solid wood. It makes an atmosphere around an entrance warmer.

洗濯機置場上部のウォールシェルフ。見た目だけでなく、洗剤やタオル、その他小物を置けるので機能的です。木目が美しくほっこりします。受けのアイアンはブラック(黒)かホワイト(白)お好きな方を選べます。

A wall shelf above a washing machine is very practical. It is also made of real solid wood.

トイレットペーパーホルダーは、贅沢なホワイトオーク。シンプルでありながらその存在感は立派です。紙きり機能が付いていないところが意外と不便かもしれませんが、機能性よりも、デザインを優先してしまいました。お許しくださいm(__)m

A paper holder in a rest room made of ”white-oak wood”. It is really nice atmosphere.

4月の1週目から、新しいご入居者様がお住まいになる予定です。まだリフォーム前にご入居を決めて下さったお客様です。

ちょこっとインテリアを付けたお部屋に入った時(初めて見た時)に喜んでくれると嬉しいな。実際に使って頂き、気に入って頂き、長く住んでくれますように☆★☆彡

A new tenant will move in the room on the beginning of Apr. We hope he likes it, and live here for a longer time.

プチリノベ(内装)をご検討のオーナー様 ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。

(お問い合わせ先)

✆ 03-3744-1030

📩 info@takayuki.co.jp

AXCISさんのインテリア使っているお部屋にご興味のあるお家探しのお客様 ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。

田舎者のチャレンジ日記 ❦ 戸建 大規模修繕工事完了しました✌ Complete a refurbishing work of a house.

今月中旬から始まった戸建の大規模修繕工事、天気が良い日が続き、思ったより早くお仕事が完了致しました♪

20190326_155458

1階のタイル部分は高圧洗浄

2階より上のベージュの部分は、防水塗装(遮熱効果有)

各屋根の下、シャッターボックス、雨樋などは塗装

全体的に綺麗に仕上がりました。

今回工事を担当して頂いたアービルさんは、塗装が得意な外装業者さんなので、細かいところ(壁と屋根下の際など)まで綺麗に仕上げて頂いています。抜かりが無いですね(^^)v

また営業担当の芦谷さんは強面ですが優しい方(笑)でしたので、最初から最後まで安心してお任せすることが出来ました。

当初予定していた塗装の材料は、アービルさんのご厚意で、お値段そのまま、遮熱性の高いハイグレードな材料を使って頂きました。オーナー様もさぞ喜んで頂けましたよ(^_^)v

また近隣の皆様には、工事期間中多々ご協力下さいまして、大変ありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m

Hi all. We hope all you spend a happy life.

Above pictures are a house under refurbishing work it has just completed. Wherever you live, maintain your property to keep good condition is very important matter to keep a value of your house.

You can live in comfortably by yourself, you could lease it in higher rent, you could sell it in higher price as long as you maintain property in good condition.

If you have a property in Japan and you need to ask someone how to do it, we are always welcome you to advise.

Have a nice day!!

(お気軽にお問い合わせ下さいね) 株式会社タカユキ Takayuki Co., Ltd.

✆ 03-3744-1030

📩 info@takayuki.co.jp

田舎者のチャレンジ日記 ❦ 戸建 大規模修繕工事開始❦ Start a refurbishing work of a house.

昨日から始まりました。戸建の大規模修繕工事(外壁防水・塗装工事)

約20年前に住友林業で建てたご自宅。施主さんのご希望は安心感ある同系列の住友林業のリフォーム子会社への依頼でした。

ということで早速修繕の見積りを依頼しましたところ、見積内容にやや疑問の残るところがありました。

◍ 金額は若干割高 … これは安心感(ブランド)と思えば、許容範囲

◍ 免責項目(手が届かない施工箇所は保証対象外など)… これも致し方ないか…

◍ 本当に必要?(防護管の設置)という項目の、支出 … 後述します

10~15年の間に1回という、そんなに機会が多くない大規模修繕工事であるので、ほとんどのお客様は、見積もり内容の相場観の把握や、項目の精査は難しいと言わざるを得ないです。だからこそ、お客様が安心して依頼できる説明は不可欠ですね。

私たちは何度も大規模修繕工事を行ってきましたので、その経験から、上記疑問点を質問しました。

→ 「ハウスメーカー直属の施工店ということで、単価が高いことは重々承知です。しかし近隣のご挨拶や、施工中の現場管理を含め、施主様にご迷惑をおかけしないよう、ソフト面でのサービスを充実させていますので、ご理解下さい。」

→ 「手が届かいところは保証できません(漏水が止まらないかも知れません)」

→ (防護管)「万が一の事故に備えています」

上記のような回答を頂きました。

うーん。仰りたいことは理解できますが、どうもすっきりしない感じは否めません。そこで施主さんのご希望に反し、過去にいくつかの私たちの所有物件で施工をして頂いた有限会社アービルさんのアドバイスを頂くことにしました。

→ 「単価は相場観に合わせます(安価にできます)が、それにより、近隣のご挨拶や、施工中の現場管理などのレベルを落とすことは考えていません。そもそも、無理な金額(見積額)ではないので、適切な価格で、適切な仕事を致します。」

→ 「手が届かないところは保証できないことは同様ですが、該当箇所の上部に小さな庇(屋根みたいなパーツ)を設置したり、手が届かない場所でもローラーなどを使い防水処理を施し、雨漏りのストップに向けてやれることを全て行います」

→ (防護管)「今回の現場においては、足場を設置する場所と、高圧電線の距離がだいぶ離れているので、例えば職人が足場の一番上から電線に向かって飛んだとしても(そんなことはありませんが)、高圧電線と接触するような事故は現実出来ではありません。今までの経験上、東京電力の担当者や、大手ディヴェロッパーの同様の工事の請負の際でも、ここは(防護管設置の)必要ないよね、というレベルの現場です。」

上記両社からの回答を頂いた上で、再度施主様のご希望を伺いました。

「当初の予定通り、住友林業で!」

えっ、マジ…? まぁ、でも施主さんが全ての報告を聞いた上で、そのようにご判断されるならば、従うしかないですよね。でもその場合、私たちが間に入る意味(項目の精査や金額の交渉など)が薄れてしまうため、直接施主様と、住友林業さんとご契約された方が(私たちのマージン分節約できるので)施主様にとって宜しいですよ、というご回答をさせて頂きました。

数日後、施主様の奥様より

「やっぱりタカユキさん(アービルさん)でお願いします」

はい。もちろんお請けいたします。実はそのご回答を頂くまでの間、自信はありました。何故なら施主様にとって、ベストな提案をしてきた自負があったからです。結果、私たちを信頼して下さった施主様のために、私たちを選んで下さったことを自慢できるよう、最高の仕事をしていきたいと思います。

余談ですが、請負金額としては17%減(安価)になったことと、アービルさんからのスペシャルサービスで外壁の塗装材を、遮熱効果の高い最上級の素材に無償でアップグレード(プレゼント)して頂きました。勿論ソフト面(近隣のご挨拶周り)は、最初にタカユキで、2回目にアービルさんでと、ご近所の方にご迷惑をおかけしないよう、また気持ちよく工事にご協力頂けますよう、心を込めて行っています